Pentax Fan

ペンタックスカメラ、レンズのファンサイトです。撮影、編集テクニックも紹介しています。

手持ちで夜景

      2013/11/14

一眼レフを手にしたら、明るいレンズを入手したら、積極的に手持ちで夜景を撮りましょう!ペンタックスのK-5以降なら高感度に強いので、ISO1600-3200でもまったく問題なく撮れます。
_IMG5519
カメラ:PENTAX K-3   ISO:3200  露出:1/400sec  F値:4.0  焦点距離:31mm 

スポンサーリンク

看板写真はISO3200、↓の写真はISO1600で、手持ち、手ぶれ補正オフです。いずれも東京駅八重洲口です。
_IMG5525
カメラ:PENTAX K-3   ISO:1600  露出:1/15sec  F値:4.0  焦点距離:31mm 

高感度に強くて、明るいレンズだと助かるのが夜のレストラン。インド料理店で会食があったのですが、「おぉ、珍しい!」というものを撮ってみました。インド料理は北と南でまったく違うらしく、日本でよく口にするインド料理(カレー含む)は北部のものだそうです。この日入ったのは南インドレストランなのですが、「ドーサ」というものを勧められて食べました。
_IMG5486
カメラ:PENTAX K-3   ISO:1600  露出:1/15sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

カレーライスやナンと並んで南部ではもっとも庶民的で一般的に食べられるものだそうです。「普通に朝食で食べるよ」とか。米から作った、薄いパン生地みたいなものをかりっと焼き上げているクレープみたいなものです。とっても美味しかったです。

チャイ(インド人の発音だと「チャイー」という感じでした)も向こうではこんな風に飲むのだとか。出してくれたカップに入ってるチャイはとても熱いので、別途平たいカップに入れて、少し冷ましてから飲むのです。
_IMG5489
カメラ:PENTAX K-3   ISO:800  露出:1/8sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

給仕してくれる時、こんな風に何回かカップに入れ替える作業をします。多分空気を入れて、泡立て、香りを出しているのだと思います。
_IMG5512
カメラ:PENTAX K-3   ISO:3200  露出:1/25sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

このお姉さんの給仕があまりにもサマになっていて、インド人たちも「彼女はうまい」と言っていたので動画に撮りました。撮ったのですが、写真と同じ感覚で縦構図で撮ってしまいました。動画は90度回転できないのでした・・・。

 - FA31mmF1.8AL Limited, K-3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事