Pentax Fan

ペンタックスカメラ、レンズのファンサイトです。撮影、編集テクニックも紹介しています。

ペンタックス K-3:試写インプレッション – APS-C最強の名に恥じないモンスターカメラ

      2015/08/09

さてさて、本日発売のK-3を手にフィールドを回りました。わたしの本職(?)である鳥撮りでしたが、合間合間に風景も撮っていました。また、夜のスナップも撮りたくて、「外食しない?」と嫁さんを連れ出しました。「なんで?」と怪訝な顔をしていましたが・・・。
_IMG0003
カメラ:PENTAX K-3   ISO:100  露出:1/500sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

スポンサーリンク

AFの速さ

AFは速いです。速いのですが、K-5IIsとの違いはそう感じません。K-5IIsで十分に速かったということですね。
_IMG0009
カメラ:PENTAX K-3   ISO:125  露出:1/500sec  F値:8.0  焦点距離:18mm 

AFの食い付きは前評判通り、かなりのパワーアップ

鳥屋さん、てっちゃん、飛行機屋さんたちにとって一番の注目はAF-Cの「食い付き度」ですよね。
_IMG0067
カメラ:PENTAX K-3   ISO:200  露出:1/640sec  F値:4.5  焦点距離:800mm 

「食い付き度」に関しては「おぉ!」と実感できるほどパワーアップしています。
_IMG0126
カメラ:PENTAX K-3   ISO:640  露出:1/1600sec  F値:4.5  焦点距離:800mm 

「喰い付いたら離さない!」というほどではないです、正直。
_IMG0203
カメラ:PENTAX K-3   ISO:800  露出:1/4000sec  F値:4.5  焦点距離:800mm 

ただ、たとえば動いている被写体を連写していた時、K-5IIs時代だと20枚撮って半分ピンが合えばいいという感じだったのが、8割以上はピンを外していません。これは素直に嬉しいです。
_IMG0232
カメラ:PENTAX K-3   ISO:640  露出:1/2000sec  F値:4.5  焦点距離:800mm 

処理エンジンもパワーアップ

また、エンジンがパワーアップしたと真っ先に感じるのが、撮ってから確認の画像がモニターに出るまでの「時間」。以前ならシャッターを切り終わってから、モニターにプレビュー画像が出るまで若干タイムラグがありました。気になるほどでもなかったのですけどね。
_IMG0281
カメラ:PENTAX K-3   ISO:400  露出:1/2000sec  F値:5.6  焦点距離:300mm 

ところがK-3はめちゃくちゃ速いです。というか、速すぎです。「え、もうプレビュー出てるの?」という感じ。ほとんど「瞬時」に出ます。なので、K-5IIsと同じ感覚で「撮った写真を確認しよう」とすると、すでに消えています。デフォルトでは1秒表示になっていますが、わたしは3秒に変更しました。
_IMG0285
カメラ:PENTAX K-3   ISO:320  露出:1/2000sec  F値:5.6  焦点距離:300mm 

AFの正確さもパワーアップ

これも実感しますねぇ。↓のような場面では周りの枝や後ろにAFが引っ張られることがほとんどでしたが、今日使った限り、かなりの確率で狙った被写体にAFが合います。K-5IIsから続く「暗いところでも合焦する」性能とあいまって、暗がりにいる鳥でもかなり正確に合わせてくれます。
_IMG0396
カメラ:PENTAX K-3   ISO:1600  露出:1/800sec  F値:4.5  焦点距離:800mm 

いいことばかりではない。嬉しい悲鳴のようなもの

真っ先に実感したのが「そっか・・・2400万画素に上がったということは、同じSDカードを使っていても撮れる枚数が減るのか」ということ。32GBで1日回るのはちょっと不安になります。フルーカード16GBの発売日発表待ちですが、フルーカードが発売されたら、32+16の48GBと予備で16GBを持ち歩く態勢になると思います。
_IMG0044
カメラ:PENTAX K-3   ISO:400  露出:1/30sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

youtubeでも公開されていた「AFホールド」機能ですが、わたしは最終的に「オフ」にしました。
_IMG0045
カメラ:PENTAX K-3   ISO:800  露出:1/25sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

最初「中」もしくは「強」にして回っていたのですが、「なるほど、こうなってしまうのか」という事態に何度か遭遇しました。
_IMG0052
カメラ:PENTAX K-3   ISO:800  露出:1/15sec  F値:2.8  焦点距離:31mm 

それは連写を開始した時ピンずれしていると、そのまま行ってしまうんですね。微妙にピンずれしたまま被写体を追ってしまうんです。それはまずいと思って、機能を「オフ」にしました。
_IMG0540
カメラ:PENTAX K-3   ISO:100  露出:1/2000sec  F値:4.5  焦点距離:53mm 

さすがですね、こういう強烈な逆光で暗い被写体にもAFが合います。
_IMG0657
カメラ:PENTAX K-3   ISO:250  露出:1/1250sec  F値:4.5  焦点距離:800mm 

これもさすがFA31mmです。FA31mmをつけていると、いろんなものを撮りたくなります。
_IMG0680
カメラ:PENTAX K-3   ISO:100  露出:1/1250sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

ニコンのD800Eが出た時によく言われたことが、K-3にも当てはまると思いました。それは「高画素化(1600万→2400万)、高画質化(ローパスレス)になったことで、手ブレに対して非常にシビアになる」ということです。特に鳥撮りのような超望遠(BORG71FLを使っていますが、換算800mmぐらいになります)レンズだと、ちょっとした手ブレがすぐに画質に影響します。
_IMG0684
カメラ:PENTAX K-3   ISO:100  露出:1/1600sec  F値:3.5  焦点距離:31mm 

ただ、それを補うほど強烈なのがK-3で搭載された「シャッターショックを吸収するダンパー」です。これは最初にシャッターを切った瞬間からはっきり感じました。K-5IIsではシャッターを切った瞬間にはっきりと感じる「ミラーショック」が、K-3では大幅に緩和されています。連写した時にもっとも顕著で「あれ?」というぐらいシャッターショックを感じません。

まだ1日しか使っていませんが、「こんなカメラを待っていた!ありがとう、ペンタックス!」と言いたくなるぐらい、「完璧」なボディです。明日から使い込むのがとても楽しみです。

ペンタックス FA 31mm F1.8 AL Limited B(ブラック)

価格:97,794円
(2015/8/9 19:26時点)

 - DA 18-270mm F3.5-6.3 ED SDM, FA31mmF1.8AL Limited, K-3, K-3登場!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事