Pentax Fan

ペンタックスカメラ、レンズのファンサイトです。撮影、編集テクニックも紹介しています。

逆光で撮る

      2013/10/30

ススキが綺麗な風景を見せてくれる時期になりました。
_IGP1808
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:100  露出:1/2000sec  F値:8.0  焦点距離:31mm 

スポンサーリンク

写真の撮り方教科書などでは順光の大事さというのが書かれています。↓は右から太陽光が当たっている写真です。
_IGP1919
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:100  露出:1/4000sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

でも個人的には風景写真こそ逆光で撮る方が面白いと思っています。順光と異なり、印象的な写真になります。
_IGP1926
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:100  露出:1/8000sec  F値:3.5  焦点距離:31mm 

風景写真教科書ではゴーストやフレアはご法度となっていますが、むしろ写真に動きを与えてくれると思います。人の目でも逆光で太陽を見た時フレアは出ますしね。もちろん逆行に耐えられるカメラ本体やレンズが必要になってきますが、コンデジやスマホでは表現が難しい写真を撮ることができます。

↓は露出を-1までアンダーにしています。
_IGP1932
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:100  露出:1/8000sec  F値:5.0  焦点距離:31mm 

逆光で、特に直接太陽光が入ってくるような構図だと明るさがどのようになるか読めないので、撮った後必ずモニターで確認し、露出を変えたバリエーションをいくつか撮っておくといいと思います。またあとで編集しやすいようにRAWで撮っておくのもコツです。
_IGP1947
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:100  露出:1/8000sec  F値:4.0  焦点距離:31mm 

RAWで撮ったら、写真編集ソフトで思いっ切り印象的な写真にレタッチしましょう♪

 - FA31mmF1.8AL Limited, K-5IIs, 撮影テクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事