Pentax Fan

ペンタックスカメラ、レンズのファンサイトです。撮影、編集テクニックも紹介しています。

コストパフォーマンス抜群の単焦点レンズ:DA35mm F2.4AL

      2016/03/28

この記事を書いている時点で実売18,000円台という、手頃どころか気軽に買える値段でありながら、抜群の描写力を見せてくれるのがこのDA35mmです。
IMG_0044

スポンサーリンク
PENTAX 標準単焦点レンズ DA35mmF2.4AL ブラック Kマウント APS-Cサイズ 21987
ペンタックス (2010-11-20)
売り上げランキング: 3,855

ペンタックスの他のレンズと同様「軽い!小さい!」のに、デジタルレンズらしく、カリカリに写ります。DA35mmにはマクロレンズもあるのですが、値段を考えるとこちらの方がオススメです。値段が値段ですし、小さくて軽いので、「標準キットレンズからステップアップしたい」けど、「いきなり高いレンズの単焦点は腰が引ける」という人には最適のレンズだと思います。

IGP1707

私はFA31mmを入手するまではスナップ、風景にはずっとこのレンズを使っていました。

IGP1918
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:400  露出:1/6400sec  F値:8.0  焦点距離:35mm 

コンデジから一眼レフへ、標準キットのズームレンズから単焦点レンズへとステップアップを図る時、「部屋にいるペットや子供を綺麗に撮りたい」というのはよくある動機だと思います。

IGP1545
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:800  露出:1/30sec  F値:3.2  焦点距離:35mm 

この時ポイントは「明るいレンズ」「被写体に寄れる」「AFが速い」などが重要になります。部屋撮りの場合「自分はプロじゃないし・・・でもせっかくの一眼レフだから、単焦点でコンデジとの違いを実感したい」という「自分は庶民的」という人が多いと思うんですね。ペンタックスにはそんな人にぴったりのレンズが用意されています。

IGP1676
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:400  露出:1/10sec  F値:5.0  焦点距離:35mm 

ただ、欲を言えば1万円を切るスーパーコスパベストレンズも出して欲しい。キヤノンには実はあるんです。実売8,000円台で50mmF1.8という、とんでもなく明るくて小さい単焦点レンズが。

このレンズは私も使っていたのですが、明るくて使い回しやすく、なにより値段が1万円を切っているので「ズームレンズからのレベルアップ」を目指す人には最適なレンズでした。ただ、APS-Cでは35mm換算距離が75mm前後となり、初心者には難しい距離でした。

そういった意味では35mm換算で52.5mmのDA35mmは使いやすいレンズです。

軽いので「頭を撫で撫でしている時に自分で撮影」という夢が実現できます。
IGP1600
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:400  露出:1/13sec  F値:4.0  焦点距離:35mm 

広角〜標準域のレンズを買った時に必ず試すのがマンションの階段から見える夜景です。
IGP1536
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:200  露出:15/1sec  F値:11.0  焦点距離:35mm 

コンデジとの比較で、できるだけ同じ条件、構図で撮ったのがこれです。キヤノンのハイエンドコンデジSX-50HSです。
IMG_0047
カメラ:Canon PowerShot SX50 HS  ISO:80  露出:8/1sec  F値:8.0  焦点距離:4.3mm 

この大きさまで縮小するとあまり違いは分からないですよね。ただ、等倍まで拡大した時に違いは歴然としています。SX-50HSの方をピクセル等倍で見てみます。
IMG_0047-1

さすがにハイエンドコンデジだけあって、等倍まで拡大しても破綻していません。ちなみに両方とも撮影は手すりに置き、セルフタイマーで撮っています。三脚は使用していません。

ではDA35mmはどうかというと・・・
IGP1536-1

私、これを初めて見た時にのけぞりました。「等倍でここまで写ってるのか!」と。もし正面の家の窓や車に人がいたら、写っていたかもしれません。それぐらいの解像度です。またこうやって拡大するとはっきり分かるのが絞りによる「光条」の綺麗さです。コンデジに比べて非常にスムーズに、綺麗に光の筋が伸びています。

以下いろんな場面の作例をご紹介していきます。

昼食のために入ったラーメン屋ですが、レトロな雰囲気にディスプレイされていてカメラを向けました。暗い店内でしたが、手ぶれ補正の効果もあって、SS1/6秒というスローシャッターでも綺麗に撮れました。
IGP2835
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:800  露出:1/6sec  F値:9.0  焦点距離:35mm 

河原を歩いていると蝶が止まっていたのですが、どれだけ寄っても逃げなかったので寄れるだけ寄って撮りました。
IGP8105
カメラ:PENTAX K-5   ISO:100  露出:1/500sec  F値:3.2  焦点距離:35mm 

モロ逆光にも関わらず、空の青さが綺麗に写っています。
IGP8160
カメラ:PENTAX K-5   ISO:100  露出:1/1250sec  F値:11.0  焦点距離:35mm 

こういう風景が好きで、見かけるとよく撮ります。絞り開放にして手前のベンチ以外はぼかし、「夏の思い出」的な写真にしたかったのです。
IGP8167
カメラ:PENTAX K-5   ISO:100  露出:1/3200sec  F値:2.4  焦点距離:35mm 

マクロほど寄れませんが、個人的に花を撮る時めちゃくちゃ寄ったドアップよりも、ある程度全体が分かる構図ながら「ふわっ」とした感じが好きなので、ちょうどいいレンズです。
IGP8213
カメラ:PENTAX K-5   ISO:100  露出:1/2500sec  F値:2.4  焦点距離:35mm 

ひまわりのような花を撮る時は腰をかがめて下から覗くような構図で青空を入れると綺麗な写真になります。腰が痛いですが・・・
IGP8226
カメラ:PENTAX K-5   ISO:100  露出:1/3200sec  F値:2.4  焦点距離:35mm 

江ノ島に行った時の風景です。風景撮りの基本:F8で撮影しています。絞りをF8に設定し、画面手前から1/3の距離にピントを合わせると、手前から奥までピントが合う「パンフォーカス」という撮り方ができます。
IGP8238
カメラ:PENTAX K-5   ISO:100  露出:1/500sec  F値:8.0  焦点距離:35mm 

江ノ島水族館のイルカショーです。一番後ろの席から撮っていたため距離があったのですが、DA35mmで撮り、トリミングしました。トリミングしてもまったく問題なく、迫力のある写真になります。
IGP8427
カメラ:PENTAX K-5   ISO:640  露出:1/4000sec  F値:5.0  焦点距離:35mm 

これもトリミングしていますが、ちょっと引き気味の構図にしてイルカのダブルジャンプを狙っています。ちなみにDA70mmで紹介した時とは違う日のイルカショーです。
IGP8522
カメラ:PENTAX K-5   ISO:500  露出:1/4000sec  F値:5.0  焦点距離:35mm 

料理のサンプルも。食べ物の撮影はF3-4ぐらいが基本です。
IGP8528
カメラ:PENTAX K-5   ISO:800  露出:1/25sec  F値:4.0  焦点距離:35mm 

真鶴半島に行った時の海岸からの風景写真です。この時はまだ曇っていました。
IGP8547
カメラ:PENTAX K-5   ISO:100  露出:1/320sec  F値:8.0  焦点距離:35mm 

またしてもベンチ・・・。地面に片膝ついて、視点を低くして撮影しています。この頃から晴れてきました。
IGP8580
カメラ:PENTAX K-5   ISO:80  露出:1/400sec  F値:2.4  焦点距離:35mm 

海岸の崖の上にあるカフェで休憩していた時のショットです。デジカメが好きな人は、こういう「とんでもなく心地よい」場所で時間を過ごしている時に「写真に残しておきたい」と思いませんか?DA35mmはそれに応えてくれるレンズだと思います。
IGP8593
カメラ:PENTAX K-5   ISO:80  露出:1/2500sec  F値:2.4  焦点距離:35mm 

綺麗に咲いていた一輪の花にフォーカスして。
IGP8602
カメラ:PENTAX K-5   ISO:80  露出:1/1000sec  F値:4.0  焦点距離:35mm 

FA31mmを入手してからは使わなくなりましたが、値段が10倍以上違います。そのため「高いレンズはいらない」けど「単焦点の標準レンズが欲しい」という人には最適なレンズだと思います。
IGP8625
カメラ:PENTAX K-5   ISO:80  露出:1/1000sec  F値:2.4  焦点距離:35mm 

これはJPEG撮りでCTEモードにしています。夕陽の逆光ですが、グラデーションも見事に写しとってくれています。
IGP8951
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:100  露出:1/500sec  F値:16.0  焦点距離:35mm 

FA31mmと比べた時、FA31mmはF1.8、一方のDA35mmはF2.4という違いはありますが、普通に撮影している時はF1.8もF2.4もそれほど違いを意識することはありません。F2.4でも十分明るいです。

水族館の中といった暗い室内で撮りたいという時にはF1.8の明るさは助かりますが、そういう特殊な状況を除けば、まずはオールラウンドにDA35mmで十二分な満足感を得られます。万人にオススメできるレンズです。

 - DA35mm F2.4AL, レンズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事