Pentax Fan

ペンタックスカメラ、レンズのファンサイトです。撮影、編集テクニックも紹介しています。

ペンタックスが生んだ至宝の銘玉「FA31mmF1.8AL Limited」

      2015/08/09

ペンタックスユーザーなら誰もが一度は手にするレンズ、このレンズがあるからペンタックスに移ってきた、このレンズがあるからペンタックスを止められない等々このレンズを語り出すと数々の賞賛が止まらない単焦点レンズ。それがFA31mmです。

スポンサーリンク

_IGP9130

フルサイズのフィルムカメラ用に作られたレンズで、2001年発売なのにいまだに現役として生産、販売されているこのレンズ。

_IGP9236
カメラ:PENTAX K-5   ISO:80  露出:1/2500sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

まぁ、とりあえずは何も言わずに価格コムのこのレンズのレビューを読んでみてください。
FA31mmF1.8AL Limited (ブラック) レビュー・評価

手厳しい価格コムのレビュアーたちにおいて、10年以上も前のレンズなのに満足度は4.92(5点満点)という高さ。そしてレビュアーたちが書き込んだ凄まじいほどのあまたの賞賛の言葉。

_IGP9555
カメラ:PENTAX K-5   ISO:80  露出:1/2500sec  F値:4.0  焦点距離:31mm 

「何を撮っても絵になる反則レンズ」というフレーズをよく目にします。実際に使っていると「それは違う」と感じます。やはり絵にしようと思えば、それなりにカメラやレンズのこと、光の加減、フレーミング、RAWでの現像方法などいろんなスキルが必要になります。

_IGP0498
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:160  露出:1/3200sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

でもそれらを駆使しても他のレンズでは到達できない世界がある、それがFA31mmです。こんなレンズが10万円+αで販売されているペンタックユーザーの幸せ。このレベルのレンズ、他のメーカーならどんなに安くても20万円以上します。FA31mmも含めて、ペンタックスのレンズは価格が本当に良心的です。

_IGP9303
カメラ:PENTAX K-5   ISO:80  露出:1/200sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

それでも一本の単焦点レンズに10万円以上というのはなかなか勇気がいるものです。その背中を押してくれたのは、たくさんあるレビューの中で次の2つの言葉でした。

「写真を撮るならDA、作品を撮るならFA」

「購入を悩んでいる人へ:何を悩むと言うのですか?」

_IGP3321
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:80  露出:1/80sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

ちなみに検索するとたくさん出てきますが、私もいわゆる「ウェポン化」をしています。もともとがフルサイズ用のレンズのため、K-5IIsのようなAPS-Cカメラで使うと、逆光になった時盛大にゴーストやフレアが出るらしいです。私は購入と同時にウェポン化したので、そこまで感じたことがないのですが。

ウェポン化とは、標準のフードでは長さが全然足りないため、自分で付け足すことを指します。看板写真の右側に写っているのが付け足す部分です。

パーツはすべて八仙堂で揃います。買うのは3点。
・継手リング メス-メス Φ58mm C-J-C-58
・継手リング オス-オス Φ58mm C-J-B-58
・標準用レンズフード ねじ込み式 Φ58mm C-E-B-A-58

私が揃えた時で2,600円(送料別)でした。

ウェポン化すると標準でついてくるレンズフードが使えないため、カメラ量販店で58mmのペンタックスレンズカバーを買います。数百円です。

とにかく「凄まじい解像力」と「にじむように柔らかく変化するボケ」、「水や空気といった透明なものまで写り込んでいるような絵」を見てしまうと、標準距離のレンズはもうこれ以外考えられません。毎日持ち歩いて気軽に撮るスナップから、三脚を持ち出して風景を撮るような勝負写真まで、私には持ち出す頻度が一番高いレンズであり、一番満足度の高いレンズです。

もともとが私は鳥を撮るためにペンタックスに入ったので標準領域の焦点距離のレンズには興味がなかったのですが、このレンズを使い始めてからは「フルサイズカメラで使ってみたい!」と思うようになりました。2014年こそフルサイズカメラが発売されることを願ってやみません。

では、FA31mmで撮った写真を一挙に貼っていきます。

前ボケ+後ボケ構図もオーケー!
_IGP0013
カメラ:PENTAX K-5   ISO:80  露出:1/8000sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

雲の隙間から差した夕陽に反射する水面もオーケー!
_IGP0501
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:160  露出:1/3200sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

寿司もオーケー!
_IGP5907
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:320  露出:1/80sec  F値:4.0  焦点距離:31mm 

夕陽の逆光でオブジェクトが全部真っ黒になってもオーケー!
_IGP9424
カメラ:PENTAX K-5   ISO:80  露出:1/800sec  F値:8.0  焦点距離:31mm 

夏の暑い昼下がり、強烈に写り込んだ水面反射もオーケー!
_IGP9412
カメラ:PENTAX K-5   ISO:80  露出:1/320sec  F値:8.0  焦点距離:31mm 

お神輿もオーケー!
_IGP5979
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:80  露出:1/80sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

逆光の神社にある龍もオーケー!
_IGP5820
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:250  露出:1/800sec  F値:8.0  焦点距離:31mm 

逆光の海もオーケー!
_IGP5807
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:80  露出:1/1000sec  F値:11.0  焦点距離:31mm 

雨上がりに一瞬見せる光景もオーケー!
_IGP5045
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:400  露出:1/1600sec  F値:16.0  焦点距離:31mm 

もちろん室内でペット撮りもオーケー!
_IGP9392
カメラ:PENTAX K-5   ISO:320  露出:1/80sec  F値:2.2  焦点距離:31mm 

花もオーケー!
_IGP9345
カメラ:PENTAX K-5   ISO:80  露出:1/4000sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

モノクロにしてもオーケー!
_IGP9349
カメラ:PENTAX K-5   ISO:200  露出:1/80sec  F値:4.5  焦点距離:31mm 

夜に手持ち撮影もオーケー!
_IGP9821
カメラ:PENTAX K-5   ISO:1600  露出:1/13sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

夕暮れに飛んで行くガンたちを撮ってもオーケー!
_IGP9763
カメラ:PENTAX K-5   ISO:320  露出:1/80sec  F値:6.3  焦点距離:31mm 

逆光の夕陽。毎日の風景が「遠く忘れた風景」に変えてくれます。
_IGP0594
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:80  露出:1/4000sec  F値:2.2  焦点距離:31mm 

帰りの通勤ラッシュ風景も邦画のワンシーンのように。
_IGP0691
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:80  露出:1/80sec  F値:4.0  焦点距離:31mm 

何気ない風景でも「FA31mmなら撮ってみよう」という気にさせられます。
_IGP8992
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:80  露出:1/1250sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

普段の風景ですが、FA31mmで構えると凝りたくなります。
_IGP8995
カメラ:PENTAX K-5 II s   ISO:80  露出:1/3200sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

なんでもないオブジェを見かけても「FA31mmなら、どんな絵を出すだろう」と構えたくなります。
_IGP9332
カメラ:PENTAX K-5   ISO:80  露出:1/3200sec  F値:2.5  焦点距離:31mm 

もちろん三脚を構えて本気撮りをしても、がっつり応えてくれます。
_IGP9817
カメラ:PENTAX K-5   ISO:100  露出:10/1sec  F値:16.0  焦点距離:31mm 

水と空気の透明感に惚れ惚れします。
_IGP9426
カメラ:PENTAX K-5   ISO:80  露出:1/160sec  F値:1.8  焦点距離:31mm 

使えば使うほど惚れ込む銘玉中の銘玉です。このレンズを入手したら、ぜひ開放の「F1.8」で撮ってみてください。「絞らないと怖くて撮れない」という既成概念をぶち壊してくれるレンズです。

安いレンズやコンデジを何回も買うぐらいなら思い切って10万円+αを用意した方が間違いなくプラスになります。

「なぜカメラを好きになったのだろう」

それは日常生活や旅行に行った時などで遭遇する場面場面で「おっ」と何かしら感じたもの、瞬間を残しておきたいからですよね。その時思い出を美化さえしてくれるほどの描写をしてくれるFA31mmは、「カメラを好きになってよかった」と思わせてくれるレンズです。

写真を撮る楽しさ、撮った写真を見る楽しさを改めて知らせてくれたこのレンズとペンタックスには感謝しています。

最後にもう一つだけ。「購入を悩んでいる人へ:何を悩むと言うのですか?」という言葉を書いた人のもうひとつの言葉。

「迷っている間にシャッターチャンスはどんどん去っていきます」

ペンタックス FA 31mm F1.8 AL Limited B(ブラック)

価格:97,794円
(2015/8/9 19:26時点)

 - FA31mmF1.8AL Limited, ペンタックスの魅力, レンズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事