Pentax Fan

ペンタックスカメラ、レンズのファンサイトです。撮影、編集テクニックも紹介しています。

K-3のRAW現像をApertureとLightroom5で比較してみる

   

昨日ついにApertureがK-3のRAWプロファイルに対応しました。今週待ちきれずにLR5に移ったばかりなのですが、せっかくなので鳥写真を両方で現像してみました。以下は最初の写真がAperture、2枚目がLR5という順番で同じ写真を掲載しています。

スポンサーリンク

まずApertureでいつものように現像処理、JPEG出し。今まではノイズ処理をほとんどしていなかったのですが、今回はある程度ノイズ処理をしています。
_IMG8158

こちらがLR5で現像した写真。色合いも違いますが、ノイズの多さが全然違います。LR5のノイズ処理は立派です。
IMG8158

次はハクセキレイの写真。これはクリックで等倍表示されます。ジャスピンでギチギチに解像した写真ですが、それでもLR5の方が羽の線は細いです。

まずAperture。
_IMG8171

次にLR5。
IMG8171t

再びツバメのトビモノ。まずAperture。
_IMG8327

こちらがLR5。ブログサイズだと分かりにくいかもしれませんが、クリックで1200×800の表示にするとノイズの差が分かります。
IMG8327

こちらもクリックで等倍表示です。まずAperture。
_IMG8413

次にLR5。色合い、線の細さもそうですが、モアレ(ラーメンノイズ、偽色ともに)もLR5の方が少ないです。
IMG8413t

Apertureが使えるなら、月額980円のAdobeの契約を止めようと思っていましたが、ここまでLR5の圧勝だとApertureは完全に「捨て」ですねぇ。

 - Apertureで写真編集, K-3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事