Pentax Fan

ペンタックスカメラ、レンズのファンサイトです。撮影、編集テクニックも紹介しています。

ミラーレスという選択肢

   

今は全部手放しちゃいましたけど、一時は常用していました、ミラーレス。↓は軽井沢に鳥撮りに行った時の風景。ニコンV1。
_DSC2984

スポンサーリンク

これ撮った時は「おわ、すげぇ」と思ったものでしたが、FA31mmに見慣れた今では普通の写真に見えてしまうから不思議。FA31mmは怖すぎ。

パナソニックのGF/Gシリーズに始まって最終的に一番よく使っていたのはニコワンことニコンのV1です。以下写真はすべて去年仕事でスウェーデンに行った時にv1で撮った写真。
_DSC7959

ニコワンはこの大きさ、軽さでは驚異的な解像度を見せてくれます。一眼レフまで本格的にしたくないという人にはニコワンを真っ先に勧めます。
_DSC8157

ただ、ニコワンに限らずニコンのカメラに共通してることが2つあって、1つは「色が薄い」、それと「コントラストが低い」ことが弱点です。だから写真編集ソフトでかなりいじらないと使えないことが多い。
_DSC8357

いやぁ、仕事とはいえ、スウェーデンのこのあたりはどこを向いても絵になる風景で良かった。多分二度と行く機会はないでしょうけど。
_DSC8360

本来ならもっと露出を落として撮りたいところですが、ミラーレスだとどうもそこまで本気になれなくて。RAWにも対応していますが、基本的にJPEG撮りでした。
_DSC8371

ニコワンはボディにもレンズにも手ぶれ補正機能がないので、こういうシーンではどうしようもありません。
_DSC8507

EVF付きミラーレスもそうなんですけど、たとえニコワンみたいに解像度の高い写真が撮れるカメラでも、そもそもカメラを構えていて楽しくないんですよ。シャッター切っても「撮った!」感がないというか。

ま、だからこそあとでiMacで見た時に「おぉ、ここまで撮れてるのか!」と驚くことも多いのですが、やっぱり写真を撮る時は撮る時も「撮った!」快感があり、PCに取り込んだ時「うーん、これこれ!」という2回満足感が欲しいんです。

ミラーレスは悪い選択肢とは思いません。無尽蔵にお金があれば、またニコワンを買うと思います。Q7は一時使っていましたが、やっぱり写真の自由度に満足行かず1-2ヶ月で手放してしまいました。でもニコワンだと使い続ける自信はあります。

今はペンタの一眼一辺倒なのでニコワン買うお金があればペンタのレンズ買いますけどね。でも「一眼までいらないけどコンデジからステップアップしたい」という人向きにはニコワンって最適です。

 - 未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事